でかいスマホを求めZenFone5Zを衝動買いした件

ZenFone5Z

ASUS ZenFone5Z(ZS620KL)

ZenFone5Z

買っちまいました(貯金やばい)

今までXperia XZ1 Compactを使用していてその子自身に不満はなく絶賛するレビューを書いたのですが……

やっぱり小さいスマホは自分には合わねぇな!

ってことに気づいてしまいました(要するに自分の問題です)

あと眼が悪くなりそうなので急いで大型のスマホを調達

中古で安く購入できたのでレビューしていきたいと思います

 

スペック

OS:Android8.0 (Project Treble対応)

SoC: SDM845(Snapdragon845)

RAM:LPDDR4X 6GB

バッテリー:3300mAh

サイズ:153mm x 75.6mm x 7.7 mm

重量:165g

Internal Memory(容量):128GB UFS2.1

microSDカード対応状況:microSDXC 2TB 対応

ディスプレイ:6.2インチFHD+ 2246×1080 アス比19:9 ゴリラガラス3.0

アウトカメラ:1200万画素 + 800万画素 光学手ぶれ補正

インカメラ:800万画素 光学手ぶれ補正

USB:Type-C 2.0 OTG対応

モバイルネットワーク:

FDD-LTE,TD-LTE,キャリアアグリゲーション,W-CDMA,GSM/EDGE

FDD-LTE: B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28

TD-LTE: B38/B39/B41

キャリアアグリゲーション: 2CA/3CA

W-CDMA: B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19

GSM/EDGE: 850/900/1,800/1,900MHz

volte使用可能(ワイモバイルで確認済み)

SIMスロット:nano x2 DSDV ただし2スロット目はSDカードと排他仕様

Bluetooth:5.0 SBC AAC aptX aptX-HD LDAC対応

Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac 2.4 GHz & 5 GHz

GPS:GLONASS、BeiDou、Galileo 国内版はQZSS(みちびき)対応

センサー:NFCセンサー・ジャイロセンサー・電子コンパス・加速度センサーなど

おサイフケータイ:なし

イヤホンジャック: ハイレゾ

防水:なし

急速充電:独自の急速充電

ワイヤレス充電:不可

出展:https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-5Z-ZS620KL/Tech-Specs/

 

build

技適

 

こんな感じです

ちなみにデュアルスピーカーとノッチも特筆すべき点ですかね

 

開封

箱

箱 高級感があります

裏

裏にはスペック表も ハイレゾマークも確認できます

中身

入っているもの全て

充電器やイヤホン、TPUケースまで入っていますね

スペースシルバー

今回購入したものの色はスペースシルバー

写真では分かりづらいですが薄いパープルカラーです

sim

SIMスロット

DSDVで2スロット目はSDカードと排他仕様

volteの同時待ち受けも可能のようです

画面

さて電源を点けてみる

6.2インチだけあって大きいです

最初はノッチに抵抗がありましたが買ってみると案外悪くはないです

 

ファーストインプレッション

顔認証

画面のロック方法は顔認証指紋認証が選べます

顔認証は2D判定(iPhoneXのように顔をスキャンせず)ですが便利ではあります

UI

グーグルアカウントでデータ引き継ぎをするとアプリや壁紙が前のスマホと同じように復元します

ちなみにシステムUIは結構カスタマイズされておりAOSPとは結構離れたものとなっています

XperiaはAOSPに近いので違いに驚きましたね

設定画面

設定画面はXperiaやPixelより豊富な反面初心者には分かりづらいかも……

ただカスタマイズすればいい感じの自分色スマホになります

高解像度なディスプレイ

ディスプレイの解像度が2246×1080とフルHD超えです

その上画面も大きいので綺麗です

液晶なので有機ELのGalaxyやiPhoneには負けますが十分過ぎるほどの綺麗さです

せっかくなので高解像度のイラストに壁紙を変更しました(壁紙:YuNi)

 

ノッチ

notch

ちなみにノッチですが隠すことも可能です

youtube

Youtubeは1080pまで再生可能

16:9の動画は黒枠が出ます

現状Androidのアプリでは19:9に対応しているものが少ないです

デフォルトで対応してるのはGoogleアプリやGoogleマップ、ラクマなどごく一部

Google

ゲームも基本下までは表示できてもノッチは活かせません

ゲーム

ただ設定を変更すると真の全画面にすることが可能です

もちろんアプリにより上手くいかないのもありますが……

全画面

Antutuベンチマーク

antutu
antutuは画面下部分まで表示

noAIboostAntutu

肝心のスコアは267240点と高得点

スナドラ845+6GBRAMのスペックなので当分は不自由しなく使用することができるでしょう

aiBoost

ちなみにこのスマホにはAIブーストというモードが搭載されており、通知からAIブーストをオンにすることでスマホを高速化することが可能です

aiBoostAntutu

AIブーストをオンにしてベンチマークを回した結果は267945点

ほとんど変わっていません

まあ元から高速なので困りはしませんけどね

 

OptiFlex

ZenFoneにはAIブーストの他OptiFlexという起動高速化機能が備わっています

こちらは「設定→拡張機能→AI機能→OptiFlex」から設定可能で、

アプリ一つ一つごとに起動を高速化するかしないかを選択できます

OptiFlex

最大で10個まで選択可能

AIブーストは、とにかく全体的に動作を軽くしたい人向け

OptiFlexは「このアプリ起動遅いな」って思ったら設定する人向けですね

 

ゲーム

快適ですが画面サイズが大きいので慣れが必要ですね

 

通信速度

 

WiFi

11ac 5GHzのWiFiで通信速度を測定

十分な速度が出ます

 

ymobile

ワイモバイルでの測定

こちらも十分な速度が出せています

 

ブルーライトカット機能

ブルーライトカット

ありがたいことにブルーライトカット機能が備わっています(早くAOSPにも取り組めGoogle)

自分は夜間のみ有効にしています

また単純にディスプレイの色合いを調整することも可能です

デフォルトではややビビットなディスプレイですが彩度を少し落とせば自然な色になります

 

カメラ

ZenFone5Zはデュアルカメラです

1200万画素+800万画素でハイエンドモデルにふさわしい使用になっています

Pixel3やiPhoneXsには負けるもののこの価格帯では十分過ぎるほどのカメラ品質を持っています

takadanobaba
早朝のJR高田馬場駅周辺

 

night
夜の高田馬場駅

 

うどん
うどん

 

hibikiAo
ポートレートモードで撮影

 

Googleレンズ

ZenFone5ZはGoogle Lensに対応しています

googlelens

 

オーディオ

ZenFone5Zはハイレゾ対応です

イヤホンジャックから有線イヤホンを使用し高クオリティな音を楽しめます

またdts HEADPHONE Xエンジンにより音を最適化してくれるようです

dts

ちなみにスピーカーはノッチ部分とスマホ下部右側に付いています

Xperiaみたいにフロントデュアルが理想形ではありますが通常のモノラルスピーカーよりは良いでしょう

 

スクリーンショット

通常のAndroidのようにボリュームキー下+電源ボタン長押しでスクショを取れますがタスクキー長押しでも取れます

またスクショのデフォルト設定で拡張子がjpgになっていますので高品質なpngに変更することをおすすめします

スクショ

長いスクショ

 

スクショを撮った後ロングスクリーンショットボタンを押すと長いスクショに変更することも可能

いいところ

・画面が大きい

・画面が綺麗

・バッテリー持ち

・軽い

・性能が良い

・イヤホンジャック健在

・多機能

・ブルーライトカットモード

・画面録画機能

・volte対応

特に価格の安さとイヤホンジャックの存在はありがたい

 

良くないところ

・もう少し素のAndroidに近い方が良い

・もう少し欲張って解像度高くても良かった

・Android9プリインにしてほしかった

・フロントデュアルスピーカーにしてほしかった

・防水がほしかった

・ゴリラガラス4以上にしてほしかった

・分かってはいたが画面上部に指が届かない

防水はできればほしかったですねぇ

あとはまあ価格を考慮すれば許容できます

 

総評

大画面スマホ好きなら気に入ると思います

基本的に性能が良いし価格も控えめです

volte対応や画面録画機能など嬉しい点も多くおすすめできます

iPhoneXRよりつよつよスマホだと思います

最近ではROG PhoneというASUSのゲーミングスマホが発売されましたが、普通に使用する分にはこちらのZenFone5Zの方がおすすめです

 

 

 

投稿者: フルムーン

デジタルな物が好きな一般人もどき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください