LinuxでUSB DACから音が出ないので解決した

2018年12月22日Linux

最近はWindowsしか特に使っておらず(仮想のCentOS (CUI)は使っている)デスクトップのLinuxはしばらく使っていなかった
しかしマシンパワーのせいかWindowsが重いしデスクトップのLinuxが恋しくなったので入れてみることに
UbuntuやLubuntuは使用経験あったので他のを入れてみたくてLinux Mint 18.1 “Serena” – シナモン(64ビット)を選んだ
デザインが良くUbuntuよりは軽そうなのでちょうどいい選択肢だと思っている

いざ入れて、Linuxの利点である音質を試すべく音楽を再生したがUSB DACから音が出ない
内蔵スピーカーからは出るのに…
もちろん、Windows10でやれば音は出るので故障なんかではない
確かに認知されているのだが音は出ず…

あれこれしたがなかなか解決しないのでOSのバグを疑いUbuntuを入れてみた
が、Ubuntuでも音は出ず
ここで前にLubuntuでUSB DACを使っていたことを思い出した
確かAudaciousで再生していたような…
試しにインストールしてみる
やはり音は出ないが設定からALSA出力の設定→PCMデバイスの内USB Audioと書いてあるものを片っ端から選択し音の出るやつに設定したら無事に音が出た

Mintに戻りこちらでもAudaciousをインストールして終了
音楽を聴く環境が整った
結局最後はGUI頼みだったが解決したので良しとしよう

Posted by フルムーン