低スペAndroidでもデレステしたいんじゃ

2018年12月31日Android, デレステ

2017/02/05 全体的に書き直しました
2018/03/10 更に書き直し

あけましておめでとうございます もう正月過ぎてますが

さて今回は低スペックAndroidでも快適にデレステが動作するように色々コツをお教えします
ぶっちゃけ3万程度の高コスパ中国産スマホ買って専用機にするのがオススメなのですが……
(てかiOSの方が快適だけどApple製品は嫌いなので…)

専用機を買う気はないとか、2年縛りがあって まだダメ って人はそうはいきませんよね
ちょっと難しい方法もありますが見ていってくだされAndroidユーザーのPさん達
※自己責任でお願いします

 

LINE使っている人は……

まずLINEを使っている人はここを見ていってください
LINEを使っていない人は飛ばしても結構です
LINEは多くのスマホユーザーが使用しているアプリです
が、LINEって結構アプリとしては重い方に入るんですよね
常駐しているので端末全体の動作を悪化させバッテリー持ちも落ちます
そこでLINEをアンインストールしてLINE liteを代わりに使いましょう
LINE liteはLINEの軽量版でとっても軽くて容量の節約にもなります
LINE liteはこちらからダウンロード出来ますのでぜひぜひ
ただしLINE liteは通話がむりくぼなんですので注意してください
機能はトークオンリーです
ちなみに引き継ぐ際にトーク履歴が消えたとかクレームはNGでお願いします

☆カスタムROMを入れよう

順番としてはまず最初にカスタムROMを導入します
カスタマイズされたOSに変更するやつです(ざっくり)
面倒くさてく難しいです てかAndroidに詳しい人はもうやっている気がしますが……
リスクを伴う行為なので普通は避けるべきですが性能を高めたい人はやるしか無い
カーネルによってはオーバークロックが可能になるんれす

カスタムROMについてはこちらを参考にしてください(丸投げ)
ちなみに違法ではないです

☆次にやること

端末をroot化します iPhoneで言う脱獄に近い行為でセキュリティ悪化等のリスクを伴います

Root化やエミュは自己責任

 

因みにカスタムROMは最初からroot化されているのもが多いですね
んで、root化したらkernel adiutorをインストールします
できれば有料のやつもセットで導入してください いつもみんな課金してますよね?

入れたらカーネルの項目のCPUを選択
最大周波数を最大まで設定 最小周波数も高めに設定

 

次にCPU Hotplugの項目でbig CPUの最小数を1~2コ以上に設定
(最近のAndroidは基本周波数の高いbigコアと周波数の低いLITTLEコアに別れていてbigコアは高負荷の時にのみ動いて普段は休んでいるんだけど最小数を1以上にすると少なくとも1つのbigコアが常時動くようになって常時パフォーマンスが向上すると見込める ただし電池持ちは悪化する)

オフライン遅延時間は200ms~300ms以上に設定
(低負荷のときはいっぱいコアを動かす必要はない、そこで動いているコアを減らそうとするが急に稼働コアが減るとカクつくしまた高負荷になるかもしれないからコアがオフラインにになるのに遅延時間を設けている 因みに300msは言うまでもなく0.3秒)

 

次にGPUの項目で最大周波数は最大、最小周波数も高めに設定

アイドル待機は38~40以上くらいに設定
低い値を設定した場合積極的に周波数を下げようとするらしいので高い値を設定すれば多分パフォーマンスが改善する

ワークロードを2以下くらいに設定
こちらは高くすると周波数が積極的に下がるらしいのでまあ2以下くらいしとけば高い周波数を維持できると思います

 

※そんな設定欄ないんですけどって場合
カーネル(Androidの核部分)によっては一部設定欄が無い場合があります
そんな場合はカスタムカーネルを使用しましょう
マニアックな話なので詳しくはご自分で調べてください

☆端末のお掃除
定期的に不要ファイル等を消去しファイルを最適化してくれるアプリを使用しましょう
普通のクリーナーアプリや高速化アプリは信用できませんがSDメイドというアプリは信用できます
root権限を使用しDBを最適化したりタイマーで定期的に不要ファイルを消去してくれます
タイマー機能が神で一週間に一回不要ファイルの消去とDBの最適化と再起動を設定すればメモリリークや容量の心配をする必要がなくなります

☆あとは

ここは誰でも安全に設定できます
設定→電話情報からビルドバージョンを7回連打
設定に戻って→開発者オプションからバックグラウンドプロセスの上限を選択

 

バックグラウンドプロセスを使用しないを選択
(後ろでアプリを動かさないように設定を変えることで軽量化を図っています)

☆最後に

ここから先はadbコマンド使うよ!PCが必要です!
詳しくはここを参考にどうぞ!! 危険ではありませんがちょっと面倒です
導入したら開発者オプションのデバッグモードを有効にしてホームに戻ります
PCとAndroidを接続

デレステを起動してお知らせを閉じる

コマンドプロンプトから adb shell 480×720 と入力

 

画面ちっちゃくなって画質も落ちたけど動作は早い!! やったね!!!
いわゆるSD画質になります
デレステは通常HD画質で動いていますが画質を落とせば負荷が多少軽減されます

戻すときはコマンドプロンプトで adb shell wm size reset と入力

※現在はADB対策されているので出来ないらしい

☆最後にひとこと

気合ですよ気合 気合で何とかならなかったら努力と根性でカバーです
スマホを再起動すれば大抵はなんとかなります
最近のAndroidは大変高性能で快適ですが中スペック~中低スペックだと設定しだいではデレステが厳しい場合も……
ただ適切に設定して、それでもだめなら上記の方法を試してみましょう
2D軽量でプレイ&MVの鑑賞程度ならなんとかなってくれるでしょう

☆オマケ
普通にギャラクシーS8など高スペック端末かつ推奨端末を使ったほうが精神衛生上良いです

以上

Posted by フルムーン